2014年06月08日

玄関 収納 リフォーム (玄関に収納設けてスッキリ)



玄関部分に収納あると便利ですよねわーい(嬉しい顔)










玄関に下駄箱は当たり前ですが




玄関スペースに置いておきたい物って案外多くないですか?








そうは言っても下駄箱には靴がくつ




溢れかえっているし思ったほど入りませんよねふらふら












下駄箱とは別にもう一つ収納を作ってみてはいかがでしょうか









子供のサッカーボールやサッカー



ご主人のつり道具や工具なんかも片付けられて、絶対にあると便利ですよかわいい














posted by プリン at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンション 管理 組合 リフォーム ローン(工事は平日のみの事も)



マンションのリフォーム工事では近隣への騒音が大きく配慮されるために 平日のみの工事しか認められないことが多いようですビル演劇


リフォーム大阪








そのため、通常よりも工事にかかる時間は長引いてしまう事もありますふらふら










事前に管理組合へ休日の工事が可能であるか確認してから

工事の日程を組んでもらうことが望ましいでしょう。















posted by プリン at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

リフォーム 悪質 業者 (加盟している業者)

一定の基準を満たした業者が登録をし

そこからリフォームしたい方が相談して該当する業者を

何件かリストアップしてくれるシステムがあるのをご存知でしょうかひらめき

リノベーション大阪






リフォームの業者選びにこのような団体に名を置いている業者は


一定の基準を満たさないと加盟できないんです決定手(チョキ)

(地域によって異なる場合があるので自治体などで確認しましょう。)











また過去のトラブルなども国民生活センターなどで調べることができますexclamation










より多くの情報をもとに安心できる業者を探されることをおすすめしますかわいい












posted by プリン at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デザイン マンション リフォーム (工事が完了したら)



工事が完了したら業者側立会いのもとチェックしましょうひらめき










図面を広げ違いはないか・・







素人では中々分からない事も多いですが




業者側に説明してもらいながら




できるだけ納得するように説明してもらいましょう。














不都合な事や手直し工事をしてもらいたい所などはなるべく




立会いの時点で告げるのが良いでしょうわーい(嬉しい顔)













posted by プリン at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム ローン 手順(残工事の確認はお金を払う前に)



工事もいよいよ終盤・・






        しかし・・・・







会社自体が○日からお盆休みになってしまうので

工事代払ってもらっても良いでしょうか有料ふくろ









     これは会社の都合ですちっ(怒った顔)











そんなに神経質になる事もないとは思うものの。。。。









しかし、後に残された工事の内容はお金を払う前に確認するべきです目








出来れば書面で残しておくべきですメモ











悪気が無くても記憶というのは曖昧なもの・・・たらーっ(汗)




こちら側の勘違いなんてこともありますからねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)








どうしてもトラブルになりたくなければはじめに取り決められた方法が

一番無難ですexclamation







全て記録を残しておく事が大切です。









posted by プリン at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 床 フローリング(床暖電気式のメリット)

     


床暖房も色々・・









今まで床暖房とは大掛かりなものでしたあせあせ(飛び散る汗)










現在はどんどん進化しています。




電気料金削減

床暖房には温水式や電気式などあります











電気式のメリットは


施工が簡単、またスイッチを入れてからの昇温が早い所












中でも今、注目されているのが大気の熱と電気を利用した



エコキュート・・







床暖房にも対応できる多機能型”ではないでしょうかNEW
















posted by プリン at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 見積 作成(重複してとられないように)




見積書を確認する時に気をつけたいことひらめき












見積書の中に



    諸経費



と記載されている部分はないでしょうかペン













この諸経費には運送、営業、などという





いわゆるその会社で得る利益の部分になります。


営業 営業ノウハウ










しっかりと内容を確認しないと


重複して計上されている場合もあるようですがく〜(落胆した顔)











悪気がなくてもミスもあるものですたらーっ(汗)










注意してみておくべきでしょう。
















posted by プリン at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

デザイナーズ マンション リフォーム (メゾネットタイプ)

1、2Fとつながるメゾネットタイプのマンションビル


トレンドドラマでも登場しますが素敵ですよねぴかぴか(新しい)








しっかりと構造計算をし


間口の補強を行えば不可能ということでもないようです







ただし計算上がクリアになっても管理組合からの許可が下りなくては



工事を行うことはできませんので注意しましょうひらめき














posted by プリン at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォーム 会社 見積 神戸 (多方面から利益を!?)

リフォーム業者の利益には色々なところから少しずつ利益を


生んでいるんですドコモポイント有料








設備の原価・人件費などに少しずつ上乗せして儲けを出しています












諸経費等々で利益を出しているわけでは無いんですがく〜(落胆した顔)









例えば、職人さんを雇えば一日いくらといったような人工代が発生します






仮にこの職人さんが工事を早く終えたからといって消費者は工事代金が



安くなるわけではありませんよネ?











また設備面でもメーカーの原価の仕入れ価格そのままでお客さんに


提供する業者はないでしょう・・・・











明確にしたいなら相見積もりをとってみるのも


詳細を知る上でひとつの策と言えるでしょうメモ目
















posted by プリン at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラブルが起きてからでは遅い

リフォームのトラブルってとても多いですよねもうやだ〜(悲しい顔)







実際トラブルが起きてから色々な機関で相談にはのってもらえますが








    解決





となると期待をもてる機関というのは少ないのでは。。。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)






現に県庁にどこか良いリフォーム業者を

紹介してくれる所がないか問い合わせてみた所




自信を持っての対応はしてもらえませんでしたふらふらあせあせ(飛び散る汗)









あくまでも一定の基準を満たした業者が登録しているという

機関の紹介だけでした。







ならば・・・・・ということで




今度はそこの機関に問い合わせをしてみると




これまた紹介という形でもなく・・・・・・





では推薦してくれるのかというと・・・・・・





これもまたそうではないというたらーっ(汗)






どこに問い合わせても電話exclamation&question

しっかりとした答えは返ってきませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)








と、言う事は・・・・





自分自身での自己責任ということになってしまいます











リフォームに関しては法の整備が

まだまだ・・といったところなのでしょうか





そういうことですからトラブルが起きないためにこちら側で


対策をとる以外に方法がないことになってしまいます










見積書、契約書、竣工図、



といった書類に関する知識をはじめ





沢山の被害者?失敗例?を見聞きして教訓にしていくのが残念ながら



今の現実なのでしょうバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)









posted by プリン at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする