2016年10月28日

雛人形

"

「なぜ死に魅入られてしまったのか?」プリンセスたちと摂食障害の深い関係。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160906-00003057-besttimes-cul

「瘦せることがすべて」。

そんな生き方をする女性たちがいます。

いわゆる摂食障害により、医学的に見て瘦せすぎている女性のことですが、そんな彼女たちを「瘦せ姫」と呼ばせてもらっています。

彼女たちはある意味、病人であって病人ではないのかもしれません。

というのも、人によってはその状態に満足していたりしますし、あるいは、かつてそうだったことに郷愁を抱く女性や、むしろこれからそうなりたいと願う女性もいるからです。

一方、歴史上のプリンセスたちのなかには死に魅入られ、食を拒む姫たちが多く登場します。

いま話題の書『瘦せ姫 生きづらさの果てに』の著者・エフ=宝泉薫氏が、「プリンセスと摂食障害」の深い関係について語ります。

  死に魅入れられたプリンセス 「宮沢りえ以前」に登場した瘦せ姫。

そのなかでも世界史レベルで名高いのが、オーストリアの皇妃(のちに皇后)エリーザベトです。

現代の日本では、宝塚歌劇団のミュージカル『エリザベート』で親しまれていますが、ここでは愛称の「シシィ」で呼ぶことにしましょう。

 今から150年前、シシィはこんなダイエットに熱中していました(註1)。

「朝にラスクとハーブティー、昼に子牛の肉を絞った汁のみ、夕に生卵、ミルク、ワイン、一日7時間運動し、夕方に体重を計って、増えていれば夕食を抜く」 こうした生活により、身長172センチ、体重50キロ弱、ウエスト50センチ(40センチ台とする説も)という体型を維持。

当時は今ほど瘦せ礼賛(らいさん)の風潮ではなかったものの、天賦(てんぷ)の美貌もあいまって、国民から高い人気を得ます。

  その一方で、ザッハートルテなどのスイーツを大量買いしたり、会食をドタキャンしたり、栄養失調で倒れても運動をやめなかったり。

彼女が世界最初のダイエッターとも、世界最初の摂食障害患者とも評されるゆえんです。

 そして何より、その瘦せ姫らしさがうかがえるのが、自らの死を願うほどの心の闇でした。

幼時から近親者の死に多く出会い、10代で皇后になってからは窮屈(きゅうくつ)な生活にストレスを抱えていた彼女は、こんな言葉を残しています(註2)。

「私はカモメのように漂っていたい 自由に、波の上を 私の住まいはどこにもない」「狂気は生より真である」「死を思うことは、心を浄化し、庭で雑草を抜く庭師の役を務めてくれます」 低栄養や過活動で自らを追い込むことも「死を思うこと」に通じる効果をもたらしていたのでしょう。

また、居場所のなさをまぎらわそうとしてか、旅ばかりしていました。





"

人形の町「まっちゃまち」夏は花火一色 バラ売りで人気 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000001-wordleafv-soci

 同区にある「松屋町筋商店街」では、おもちゃやひな人形、五月人形からお菓子、スキー・スノボ・ゴルフグッズなど数々の問屋でにぎわいをみせている。

特に人形などは、関西に住んでいれば、同町の人形問屋のテレビコマーシャルを目にする機会も多かったかもしれない。

 そんな人形問屋では、夏になると、多くの店が「花火」を販売する。

この地で戦後に開業し約70年営業を続けるという柳井初商店を訪ねてみると、店主の柳井茂さん(51)が店先に立ち、訪れたお客さんに花火の一つひとつがどのように楽しめるかを説明していた。

 店に入ると、所狭しと手持ちや打ち上げ、噴き出しといった花火の数々が所狭しと並べられている。

「うちに置いてあるのはだいたい200種類くらいですね」と笑顔で話す柳井さん。

近年では、コンビニエンスストアなどで袋詰めの商品などが売られているのが一般的に思うが、ここでは1本ずつ売られているのが特徴だ。

 しかも、その1本が長いものが多い。

「ここでは国産の花火をたくさん取り扱ってますが、1分以上つくものが多く、中には100秒以上つくものもあるんですよ」と柳井さん。

長めのものは、子供が手に持つ場合でも安心感があり、長いので喜ばれることが多いという。

 それと、ここでは子供が考えながら買い物カゴを手に花火を買う姿も。

自分のやりたいものが買えるうえに、会計時に「勉強しまっせ」と言われ、いわゆる値引きを初めて体験できる人も多い。

「最近では、家電を買う時でもそうした光景が少なくなってきたんで、『勉強します』の言葉を知らない子も多いですね」と柳井さんは話す。

clearism
posted by プリン at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雛人形

"

地域経済貢献へ、女性の活動紹介 中四国商工会 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-10450601-ehime-l38

 地域経済の第一線で活躍する女性が活動発表などを行う「2016年度中四国ブロック商工会女性部交流会」が13日、愛媛県松山市道後町2丁目のひめぎんホールであり、中四国9県から参加した約950人が、地元貢献への思いを新たにした。

 各県の代表者による活動発表で、愛媛県代表の中里あゆみさん(久万高原町商工会女性部)は町中心部の久万町商店街で開いている「くままちひなまつり」について報告した。

寂れた商店街を元気にしようと仲間を募り、今では880メートルの通りに1万1000体のひな人形を飾るようになった名物イベントで、中里さんは「お遍路さんが『ここを通ってよかった』と言ってくれたのがうれしかった。

地域を代表する祭りとして続けていきたい」と意気込みを語った。



自動車乗り換えのために、今ある中古車の見積もりを依頼する前に誰でも、自らの自動車がどの程度の金額で一般的に売れるのかすなわち買取価格の相場価格を知りたいですよね。

現実売値査定価格の概算見積りを頼む場合は、軽自動車や海外の車というような、中古車の種類や生産国だけでなく、経過年数、車のコンディションなど様々な要素により査定価格も違うのが普通ですが、実のところおおよその時価がどの程度かを理解していれば出された自動車の査定価格を確認して損か得かを判断できますので、見積金額の市価は知っておきたいものです。

はじめに中古車査定の相場価格を見ておきたいというのであればオンライン見積もりが一番簡単でしょう。

ガリバーやラビットなどの自動車業者のHPでインターネット査定は頼むことができますが複数の業者を比較するとより相場を把握することができます。

ただしどうせサイトで依頼できるとはいえ複数の業者に買取査定をしてもらうのは気落ちしてしまいます。

そこで一括査定サイトを使うのがいいでしょう。

一度、住む地域やメーカー、年式などの条件を埋めれば都合の良い業者に一括して査定依頼ができます。

中古車の状態の細かい査定はネットではできませんが、わざわざ店まで車で行って売却額査定をお願いしなくても概算の査定価格相場がわかります。

お店で見積もりをお願いする以前に、とりあえずだいたいの時価を知っておきたい、という場合には、ぜひ利用しておきましょう。

オンラインで売値査定の依頼にだせば簡単に売却額査定価格の提示しますので、車を売りに出す必要がある時などになかなか参考になるのではないでしょうか。



"

人形の町「まっちゃまち」夏は花火一色 バラ売りで人気 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000001-wordleafv-soci

 同区にある「松屋町筋商店街」では、おもちゃやひな人形、五月人形からお菓子、スキー・スノボ・ゴルフグッズなど数々の問屋でにぎわいをみせている。

特に人形などは、関西に住んでいれば、同町の人形問屋のテレビコマーシャルを目にする機会も多かったかもしれない。

 そんな人形問屋では、夏になると、多くの店が「花火」を販売する。

この地で戦後に開業し約70年営業を続けるという柳井初商店を訪ねてみると、店主の柳井茂さん(51)が店先に立ち、訪れたお客さんに花火の一つひとつがどのように楽しめるかを説明していた。

 店に入ると、所狭しと手持ちや打ち上げ、噴き出しといった花火の数々が所狭しと並べられている。

「うちに置いてあるのはだいたい200種類くらいですね」と笑顔で話す柳井さん。

近年では、コンビニエンスストアなどで袋詰めの商品などが売られているのが一般的に思うが、ここでは1本ずつ売られているのが特徴だ。

 しかも、その1本が長いものが多い。

「ここでは国産の花火をたくさん取り扱ってますが、1分以上つくものが多く、中には100秒以上つくものもあるんですよ」と柳井さん。

長めのものは、子供が手に持つ場合でも安心感があり、長いので喜ばれることが多いという。

 それと、ここでは子供が考えながら買い物カゴを手に花火を買う姿も。

自分のやりたいものが買えるうえに、会計時に「勉強しまっせ」と言われ、いわゆる値引きを初めて体験できる人も多い。

「最近では、家電を買う時でもそうした光景が少なくなってきたんで、『勉強します』の言葉を知らない子も多いですね」と柳井さんは話す。

URL
posted by プリン at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする